オーガニックからの伝言
オーガニックからの伝言
ホーム > 生活 > 帰化申請の極意

帰化申請の極意

帰化申請は、法務局で行うのですが、入管と思っている
人が多いようです。

入国管理局は、出入国管理、外国人登録、難民認定の3つを
柱とした行政事務を執り行う法務省管轄の部局であり、
国民にとっても入国を希望する外国人にとっても円滑な
国家間移動を行うための大切な役割を担った行政機関の
ひとつです。

帰化申請は、かなり大変で、膨大な書類が必要です。

その働きは、国内における安全と健全を支える大切なもので、
特に出入国管理については渡航者が身近に触れることがで
きる働きのひとつです。

帰化申請をするのは、ご本人が法務局へ自分で行く必要があり
代行はできないのです。

出入国に必要なパスポート発券やビザの発行から始まり、
空港、港などで国民の出入国のみならず入国してくる
外国人についても管理をします。

入国や国内滞在にふさわしくないと判断された外国人を
入国拒否や退去させることもできます。

また、国内に伝染病など持ち込まれないための対策として検疫、
麻薬などの取り締まりのために手荷物検査なども行っています。
日本と世界をつなぐため個人の円滑な国家間移動をサポートする
とともに国内の治安、安全、そして健全をしっかり守る大切な
機関なのです。

帰化申請なら、東京の行政書士さんにお願い致します。